• 緊急避妊薬関係

一般社団法人 山口県薬剤師会

山口県吉敷下東3丁目1番1号

Tel:083-922-1716
Fax:083-924-7704
office@yama-yaku.or.jp

オンライン診療に基づく緊急避妊薬の調剤に関する研修会の開催について

オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤に関する研修会のご案内
                       主催:山口県薬剤師会 地域医療・保健委員会

 「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(平成30年3月厚生労働省・令和元年7月改訂)において、緊急避妊に係る診療については、産婦人科医または厚生労働省が指定する研修を受講した医師が、初診からオンライン診療を行うことが許容され得ると見直されました。
 一方、薬局におけるオンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤については、その薬剤の特性、患者の状況等に鑑み、患者は研修を修了した薬剤師による調剤を受けることが求められています。これに基づき、昨年度に引き続き別添の通り研修会を開催します。
 緊急避妊薬は性交後72時間以内に服用する必要があります。保険診療ではないため、全額自費徴収です。また、本講習を受講しオンライン診療に伴う緊急避妊薬の交付が受けられる薬局・薬剤師は厚生労働省のホームページへ公表されます。こちら
 本研修会にお申込み頂いた薬剤師及び所属する薬局の情報は、そのままオンライン診療に伴う緊急避妊薬を調剤できる薬剤師・薬局として厚生労働省ホームページへ登録されるとともに、緊急避妊薬の備蓄が求められます。薬局開設者を含めてご了承のうえ責任をもってご参加ください。
 県内で応需可能な薬剤師を養成するため、受講者は県内薬局に勤務される薬剤師を優先させていただきます。1薬局で複数の薬剤師の受講が可能です。また、薬剤師会非会員の方も受講できますが、受講料が別途設定されていますのでご注意ください。お申し込みは必ず送信された研修会申し込み用紙でお願いします。定員に達した場合、期限前でも受け付けを締め切ります。
 本研修は毎年継続して開催される予定です。また、健康サポート薬局におかれては地域の状況を鑑み、積極的にご参加頂くようよろしくお願いいたします。


 ●日時 令和2年11月1日(日) 13:00~17:00
 ●本会場 山口県総合保健会館 2F多目的ホール  募集定員 150名 (先着)
    山口市吉敷下東3-1-1
 ●サテライト会場:下松中央公民館ほしらんどくだまつサルビアホール 50名
         下関市薬剤師会館 大会議室 30名
   ※サテライト会場は申込人数によっては廃止する場合があります

 ●プログラム
  1.オンライン診療ガイドラインと緊急避妊薬処方について(30分
  2.オンライン診療に伴う緊急避妊薬処方上の留意点
  (1) 緊急避妊全般(45分)
  (2) 月経・月経異常・ホルモン調節機序(40分)
  (3) 経口避妊薬全般・避妊(30分)
  3.オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤について
  (1) 薬局での対応について(20分)
  (2) 患者対応等について(40分)

  ●受講料 山口県薬剤師会会員 2,000円 / 非会員 6,000円
  ●支払方法 事前振込 
  下記口座へ10月23日(金)までにお支払いください。振込手数料はご負担ください。
  接触を避けるため、ご協力をお願いします。
     (振込先) 山口銀行 山口支店(普通)6546691 (一社)山口県薬剤師会 会長 吉田力久
       ※振込人は「研修会開催日」+「受講者氏名」としてください。
         県薬太郎さんが受講する場合は「1101ケンヤク タロウ」

●その他
(1)当研修会はJPALSコード及び日薬研修センターシールの発行はありません。
(2)所定の申込書にご記入のうえ、県薬事務局へFAXしてください。
   当日参加はお受けできません。
(3)新型コロナウイルス蔓延防止のための対策をとっています。(詳細はこちら
   ご理解とご協力をお願いします。

【参考】

1.オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤に対応できる薬局・薬剤師リスト
    厚生労働省HP掲載 こちら

    リスト掲載内容の訂正依頼様式 こちら

2.対面の緊急避妊薬診療に対応できる医療機関リスト(山口県内)
    厚生労働省HP掲載 こちら